大切な人が安心して暮らすことの出来るまちをつくる

株式会社プリンシプル 代表取締役 原田 宏人

皆様にとっての大切な人はどなたでしょうか?

少しだけ読むのを止めて、その方の顔を想い浮かべて頂いた後に読み進めて頂けましたら幸甚です。

 

私が一番に想い浮かべるのはやはり家族です。

 

弊社は2007年に創業した会社ですが、2012年にいくつかの大きなきっかけが重なって、事業転換をしセキュリティ事業を開始しました。

 

そのきっかけは、とても私的なことですが第一子である娘を授かったこと。

そして、弊社社員のご友人の女性が性犯罪被害に遭われて、その後、自死されたという最も悲しい結末になってしまわれたと聞いたことでした。

 

私が我が子を想うように、

皆様が大切な人を想うように、

被害に遭われた方のことを大切に想う親御さんやご友人がおられて、

突然そのような状況になられたことを想像しただけで悲しみとも怒りとも言い表せない衝撃を受けました。

 

娘が産まれるまでにもニュースなどでそのような事件の話を耳にすることはありましたが、正直なところ「自分には全く関係のない別の世界の話」でした。

しかし、自分が親になって以降は、産まれてから現在まで、そしてこれからの我が子と重ねて考えると以前のように「別の世界の話」と聞き流すことのできない非常に胸の痛むニュースが多いことに驚かされます。

 

 

一方、現在は私たちが取り組むIoTの領域をはじめ、多くの技術革新によってこれらの課題をアプローチ次第で解決できる可能性が十分にあります。

 

私たちのビジョンは「大切な人が安心して暮らすことの出来るまちをつくる」です。

その第一歩として誰でも気軽にご利用頂けるホームセキュリティサービスを開発しました。

おかげさまで非常に多くの企業様が弊社のパートナーとなって頂き販売や提携をして頂いております。

 

スマートルームセキュリティは”ホームセキュリティ”ですから、今はまだ「大切な人が安心して暮らすことの出来る"住環境"をつくる」にとどまったソリューションですが、「大切な人が安心して暮らすことの出来る”まち”をつくる」というビジョンを実現させるための展開も準備しております。 

 

さて、冒頭で皆様が顔を想い浮かべた大切な人はどなただったでしょうか?

少し角度を変えて、皆様のことをきっと大切に想ってくれている人の顔は浮かびますでしょうか?

 

そして、日々すれ違う無数の顔も覚えていない人たちもきっと誰かを大切に想い、誰かから大切に想われるかけがえのない人の筈です。

 

私たちはそんな”大切な人”が安心して暮らすことの出来るまちをつくる企業になるべく事業を成長させて参ります。

 

 

2018年6月

株式会社プリンシプル

代表取締役 原田宏人